1984年、パリに工房を創設したジャン・クロード ペラン(JCぺラン)は『優れた皮革が最上のベルトを作る』との信念から、彼のストラップ作りは優れたタンナー(皮なめし職人)を探す事から始められました。
もちろん職人である彼は手作りにもこだわり、『ベルト創り』に妥協する事は一切しませんでした。
そして、『美しさ』と『バランス』を追求した結果、JCペラン独特の『フォルム』が完成したのです。その後、厳選された素材と卓越した技術によって作られた時計ベルトが一流時計メーカーに認められるまでには多くの時間を必要としなかった事は言うまでも有りません。
彼の『情熱』 『こだわり』 『製法』は今もなお脈々と受け継がれています。

こちらから作業風景をご覧頂けます。